著者プロフィール:
埼玉県在住・39歳・男

若い頃は、あまり女性に興味がなかった。

 

いや。

 

興味がないなんて言うと、嘘になってしまう・・。

 

実は、物凄く興味のあったけれど、自分に自信がなかった。

 

だけど、

大人になったら、そのうち出会いがあり、周りと同じように彼女が出来ると思っていた。

 

 

しかし、現実はそうじゃなかった・・。

 

 

そして「年々歳をとるたびに」私の希望はさらに失われていった。

 

「何とかなるだろう」と自分自身に言い聞かせていたが、もう男としての自信を失うくらいまで地に落ちてしまった。

 

その経験をこんな悲惨な人もいるんだってことで誰かに話してみたくなった。

 

興味があれば読んでいただければと思います。

 

今思うと最初から自信なんてなかった

中学生の頃はゲームばっかりしていて、クラスでも地味な存在だったと思う。

 

高校生のころも相変わらずで、女性と話すこともほとんどなかった。

 

大学生になってからは、大好きなゲームやアイドルに熱中していた。

 

 

自分に言い訳をしながら「社会人になったら大丈夫」と思っていた。

 

私は、めんどくさがり屋で大して面白い話しが出来るわけでもなく、全然モテるタイプではなかった。

 

ゲームとアイドルが大好きで、マイペースなため、他人に合わせることも苦手だ。

 

一言で言えば恋愛に向いていない性格。

 

 

とは言え、ここまでは普通にいるレベルかもしれない。

 

しかし、私にはさらに致命的な欠点があった。

 

「いろいろな女性に目移りしてしまう」こと。

 

 

数少ない女性との会話の中でも、無意識のうちに他の女性の姿を目で追ってしまう。

 

 

話していた女性には「誰見てるの!?」なんてキレられるくらい。

 

同年代のいとこの女の子からも嫌われていたし、「気持ち悪いから遊ばない」と親に告げ口を言われたこともある。

 

(当時の写真。

 

黒歴史すぎて胸が痛い・・)

そんな私でも社会人になれば、きっと大丈夫と微かな希望を抱いていた。

 

そして晴れて就職が決まり、社会人として働くことになった。

 

 

けれど、思ったようにはいかなかった。

 

 

社会人になってからも相変わらず学生時代と同じことの繰り返しで、ゲームとアイドルばかり。

 

同僚の女性達からは、当然、見向きもされない。

 

 

そんな時に事件を起こした。

 

 

 

とある週末の夜。

 

ふと立ち寄ったガールズバーで、可愛い女の子と知り合った。

 

それから私は、ほぼ毎日のようにそのガールズバーに通いつめた。

 

その女の子とはプライベートでも食事をするようになり、とうとう私にも遅い春が訪れたと、内心かなり嬉しかった。

 

しかし後日、その女の子が未成年だったことが判明した・・。

 

未成年の女の子との関係が会社にもバレてしまい、課長や部長からカンカンに怒られ、周囲の同僚からは冷たい視線が突き刺さった。

 

一応、自己都合による退職という形をとったが、上司からは「退職願を出してほしい」と、事実上はリストラだった・・。

 

 

社会人になって2年目
私は仕事を辞め、学生の頃に抱いていた希望も失った。

 

 

30代になった頃から

仕事を辞めて、転々とアルバイトをした。

 

コンビニ、居酒屋、引っ越し、ティッシュ配りなど。

 

「時給1,000円って、結構言いじゃん!」と思って始めたけど、1ヶ月間休みなく働いても給料は20万円にも満たない。

 

税金や保険料、家賃・水道光熱費、ケータイ料金、食費などを差し引いたら、手元に残るお金はほとんどゼロ。

 

好きな事は全くできず、ゲームやアイドルにお金を使っている余裕なんて全くない。

 

 

当時、大ファンだった欅坂46の生写真(約500円)を買おうかどうか、TSUTAYAの店内で2時間迷いに迷って、結局買わなかったくらいに生活は苦しかった。

 

 

大人になって女性と親しくなるどころか、私は生活をするので精一杯で、女性との関係を持つきっかけすら見い出せなかった。

 

そして30代になった頃から次第に人生に絶望感を感じ、生きている意味を失っていた。

 

 

40代を目前にして

40代を目前に正社員としての職もなく、社会的に見れば、ただのフリーター。

 

当然、そんな男を女性たちが見てくれるはずもなく、次第に私は価値のない男として自信を失っていった。

 

 

『私に男としての価値があるのだろうか?』

 

価値がないどころか、人並みの生活もできていない。

 

そう思わずにはいられない、悶々とした日々が続いていった・・。

 

 

最悪の末路・・

ある時私は、夜の繁華街を歩いていた。

 

収入が少なかったにもかかわらず、夜のお店へ行くために一生懸命お金を貯めていた。

 

実は、ものすごく楽しみにしていた。

 

彼女ができるどころか、満足に女性と話す機会さえなかった私は、前日の夜に眠れないほど興奮していた。

 

お金は無かったが、夜のお店は大金をはたいてでも行きたいと思っていた場所だった。

 

 

しかし・・

いざ本番になってみると、肝心のペニスが起きてこない。

 

制限時間がまで粘ったが、とうとう最後までペニスが元気になる事はなかった。

 

 

心も体もおかしくなった。

 

なけなしのお金で行った夜のお店で、男としての醜態をさらし完全に自信を失ってしまった。

 

こんな事があれば誰だってチョットはおかしくなると思う。

 

帰り道に涙が溢れてきて、止まらなかった・・。

 

 

友達の紹介で出会ったヴィトックスα

その後、外へ出ることもままならなくなり、ふさぎ込んでいた私を見かねた学生時代からの友人が心配して、相談にのってくれた。

 

私はこれまでの鬱憤を晴らすかのように、女性についての悩みや、夜のお店のことやペニスのことなど包み隠さずに話した。

 

すると友達は「なんで、ヴィトックスα(精力剤)を使わないの?」といとも簡単に言った。

 

 

私は精力剤なんて飲むのが恐いし、あまりいい噂も聞かないので、正直恐いと思っていた。

 

でも自分でもどうしようもない絶望的な状況だったので、正直、何かに頼りたいという気持ちもあった。

 

 

そこで、ネットで調べてみると、ヴィトックスα extra editionの口コミは本当に良さそうだった。

 

将来の全く見えない、深い暗闇の森の中でさまようのはゴメンだ・・

 

 

ヴィトックスαの効果

数ヶ月後、私は、夜のお店でのリベンジを果たした。

 

(リベンジを果たした時のお店。

 

記念に撮っておいた)

 

相談にのってくれた友達からヴィトックスαを少し分けてもらって飲んでみた。

 

初めて飲む精力剤にビビっていた私に「俺も飲んでるから大丈夫だよ」と、友達は優しく声をかけてくれた。

 

ヴィトックスαは友達がすすめた通り凄い効果だった。

 

 

 

そして今、ヴィトックスαを飲みはじめて3ヶ月がたった。

 

ペニスの悩みは解決され、何とか男としての自信を取り戻しつつある。

 

ヴィトックスαを飲み始める時は不安だったが、少しずつ自信を取り戻せたことで、体中から力がみなぎってきたのを感じる。

 

 

すっかり味をしめた私は、それ意外の精力剤を色々と試してみたが、結局今も飲んでいるのは「ヴィトックスα」

 

もう私はヴィトックスαを手放せない。

 

私には笑っちゃうくらい合っていた。

 

 

 

今の自分

相変わらず結婚できていないし、彼女もいない。

 

(笑)

(2017年は任天堂switchにハマっている)

 

実は最近、気になる女性ができた。

 

 

 

私は再就職を果たし、社会人として再スタートを切った。

 

恋愛をしている時間がないほど、仕事で覚えることは多く、毎日があっという間に過ぎていく。

 

とても忙しいが、今の私は毎日「やる気」に満ち溢れている。

 

 

「ダメだった時」と「ヴィトックスαと出会って」からの違い

女性と全く関わりの無かった学生時代と、40歳も間近に迫った今で、状況はほとんど変わっていない。

 

むしろ、周りの友達が結婚し、子供がいるという点では完全に出遅れてしまった感が否めない。

 

 

しかし、それでもなぜ私はうまくやれているのか?
「ダメだった時」と「ヴィトックスαと出会って」からはどう違うのか?

もっと言うなら、
「ダメだった時」と「ヴィトックスαと出会って」からの違いは何なのか?

 

変化したこと

「ダメだった時」と「ヴィトックスαと出会って」から大きく変化したことが1つある。

 

それは、自分自身に自信を持てたこと。

 

 

ダメだった時は、自分自身に自信がなかった。

 

自信が持てないことを理由にして、現実から逃げ回っていた。

 

しかし、自分では受け入れられない現実から逃げ回っているうちに、私の状況はどんどん悪化していった。

 

女性どころか生活もままならない状況になり、遂には生きる希望も見失っていた。

 

 

しかしヴィトックスαに出会って、何かに頼るだけで、こんなにも自信が持てるようになるんだと思った。

 

この記事を読んでいただいた女性の方の中には「自信を持てるって下半身にだけでしょ?」ってツッコミたい人もいると思う。

 

 

だけど、男ってそういうものだと思う。

 

 

 

男は下半身に自信があるだけで変われると断言できる。

 

実際に私自信がそうだったから。

 

 

後日、ヴィトックスαを教えてくれた友人にあらためてお礼をしたら、とても喜んでくれた。

 

その夜は泥酔ながら泣いた。

 

 

悩みの原因を抱え込まない

悩みを解決する方法は「自分では気がつかない」ことを知った。

 

悩みは自分だけの力では解決できないことも学んだ。

 

だから「自分に自信がもてない」って思う時は、何かに頼ることも必要だと思う。

 

  • 誰でもいいから相談にのってほしい。
  • 悩みを解決する方法を教えてほしい。
  • 何かに頼ってでも解決したい。

盲点だけど、こんな簡単なことを自分で気付くことはできない。

 

 

解決できる方法は必ずある

私は運良く友達にすすめられて、ヴィトックスαの存在を知り、状況が改善した。

 

お先真っ暗だったドン底の人生からの、大逆転だと思う。

 

 

そのキッカケを作ってくれた友達は、こうも言っていた。

 

「悩んでいるだけじゃ何も解決しないよ」
「だから女を作る時もダメもとでもアタックしないと」
「(ヴィトックスαなどの)サプリメントに頼ることも必要」

 

こんなことをその友達から何度も何度も聞かされた。

 

私はその友達のアドバイス通り、ヴィトックスαを飲みはじめて、自信を取り戻し今の職場に気になる女性ができた。

 

 

それでも悩むようだったら

女性関係で焦り悩みだすと、だいたいの場合、いい結果はでない。

 

焦れば焦るほど、女性の影はどんどん離れていく。

 

これは現実だった。

 

私も地獄を経験したし、生きることにも絶望した。

 

 

自分は大丈夫だろうって思っている人ほど意外に他人事じゃない。

 

 

 

私のようになる前に、まず友人やヴィトックスαなどのサプリメントに頼って欲しい。

 

「何かに頼ってもいいんだ!」って思えるだけで、気持ち的にだいぶ楽になるから。

 

 

追記)ヴィトックスαの購入方法

私が購入したヴィトックスαの購入方法を教えてほしいと、聞かれることもある。

 

なので追記しておくことにした。

 

ご存知の通り私はいろいろな精力増強サプリメントを使用してきて、私に1番合ったのがヴィトックスαだった。

 

副作用が心配な人へ

ヴィトックスαは日本国内で製造・管理をしています。

 

 

そのため、インターネット上で出回っているその他の海外製品とは客にならないほど安全で、品質も高水準です。

 

私が比較的安心してヴィトックスαを飲み始めたのも日本国内で製造・管理をされているところです。

 

家族にバレないように配送できるか

 

 

 

 

 

ヴィトックスαは、外から箱の中身が分からないように無地の包装資材で送られてきます。

 

 

伝票の品名欄も「空欄」になっており、同居の家族などに箱の外観から中身が分かる事はありません。

 

さらに、お寄りの営業所止めもできるため、家族には配送がされたかどうかもわかりません。

 

最安値での購入方法

ヴィトックスαの購入方法は、Amazon・楽天・公式サイトなどがあります。

 

一番人気の3箱セットで購入する際の値段を比較してみました。

 

■Amazon

  • 3箱セット
  • 送料無料で¥27,980

 

■楽天市場

  • 3箱セット
  • 1万円分のクーポン金額を差し引いて、送料無料で¥27,324

■公式サイト

  • 3箱セット
  • 送料無料で¥26,514

※1箱・2箱などで購入する際も公式サイトが安くておすすめです。

 

価格の面では公式サイとが一番安くてお得です。

 

私の個人的な意見ですが、飲んで身体の中に入れるものなので、やはり公式サイトから直接購入した方が安心感は高いです。

 

さらに、Amazonや楽天などのサイトは出品者も様々なので、どうしてもショップの信用力は落ちてしまいます。

 

なので、わざわざ公式サイトから購入しない理由はありません。